お前が嫌い

極めてパーソナル

斉藤和義:202020

1曲目から聴いたことがあるなぁ…笑

傷だらけの天使』のテーマ曲ですね。
ドラマ自体は見たことが無いんですけど…

なぜこのテーマ曲を知っているのかというと、
アニメ制作会社シャフトお得意のお遊びから学んだ形ですね。
3月のライオン』のアニメの中で、
傷だらけの天使』のオープニング、例の食事シーンをまんまパロディしたシーンがありまして。
それキッカケです。

シャフトはねぇ、
さよなら絶望先生』もそうだったけど、
パロディが多くてね。
自分の頭だけじゃ、とても把握しきれない量あるんだけど…
幸い、インターネットの皆さんが詳細に解説してくださっているので笑

アニメの話になったからついでに書くけど、
このアルバムでもギター演奏している真壁陽平さんって、アニメ『干物妹!うまるちゃん』のOP曲
『かくしん的☆めたまるふぉ~ぜっ!』のギター演奏してるのよね。
小ネタでした。
ライヴでも彼のギターは上手かったです。
言い出したら、他のメンバーも総じて上手いんだけどね。


話それたけど、2曲目は『万事休す』という曲。
戦争反対って歌われると彼に限らず、
テキトー言うなよって毎度思うんだけど…
まぁ〜…
その通りテキトーなんだろう笑
それよか、頻尿、老眼のほうがよっぽどリアリティだったかな、ホントに万事休すなんだろう。
しかし未だ、この歳になっても全然オナニーしますからねって言ってたのも彼だ。
ライヴで言ってた。
まだ衰えないようで、なにより。

5曲目、『シャーク』
アルバム通して聴いていて
最も印象に残った曲はコレかもしれない。
歌詞の…なんだ…先述したように、
テキトーなんだな笑
サングラス…
黒いレイバンのディランみたいなサングラス?
…の話をしていたかと思えば、
いつの間にか鍋の話になるし。
あったまるぅ〜。だし。
テキトーな歌詞、で言えば、
『ニドヌリ』もそうだ。
まぁ、ほぼインストゥルメンタルだが笑

『猫の毛』も良いじゃないすかぁ。 7曲目。
まずもって初っ端のコーラスが良いよね。
のみならず全体にまぶしてあるんだけど、
コレはなんだろうね、なんだろう、
良いんだよね笑
Sunshine Pop、Soft Rockと呼ばれるジャンルの音楽を掘っていた時期もあるからか…
そういう感性なんだろうな、僕は。

『いつもの風景』
…いつの間に、ちびまる子ちゃんのED曲になってたんですね。
こうやってまた、少年少女がいつの間にか聴き馴染んでいた曲ってのが出来上がるんだなぁ。
ほら、
ポンキッキーズの『歩いて帰ろう』みたいな。
僕にとってはやはり、
この曲こそがソレだからね〜…。
ライブで演ってくれたときはブチ上がったよね〜…。

ところで、アイネクライネナハトムジークの映画って知らなかったんですが、なんですか?
気になりますね。
っていうのは、斉藤和義の曲の中でも
『ベリー ベリー ストロング ~アイネクライネ~』は好きな部類なんですよね。
これもライヴで聴いたわ最高だった。
伊坂幸太郎絡みの1曲なんだよね。(Wiki参照
しかし言うても10年前の話よね。
それがいま映画化かぁ〜。

伊坂幸太郎の小説は一回読んだけど、大学生たちが男女で楽しそうでさぁ〜…
いやぁ…森見登美彦の『太陽の塔』が心地良い人なんでもう…笑
ただでさえ、後期(末期?)の芥川龍之介が心地良いのに…笑
学生が男女グループでってもう…笑
男女は男女でも
ロバート・F・ヤングの『たんぽぽ娘』みたいなのとか、そういうのならいいけどさぁ〜…
それでも一冊読み切れる程度にはちゃんと面白かったんだけどもういいやってなっちゃった記憶がある。
アイネクライネナハトムジーク』も読み出せば面白いんだろうね。





ところで、『ずっと好きだった』って曲あるじゃないですか。
アレ10年前ですってよ。
フへへへへへへへべべべべべべbbnnnn

以上です。