お前が嫌い

極めてパーソナル

観たもの羅列日記 2019年03月

ーーーーーーーーーーーーーーー
2019/03/09

カメラを止めるな!(2017年)
監督・脚本:上田慎一郎

ちゃんと面白いじゃん
ぽんっ!

ーーーーーーーーーーーーーーー
2019/03/11

今夜、ロマンス劇場で(2018年)
監督:武内英樹
脚本:宇山佳佑

互いに触れられない、
そして彼女には色がない
「ハッピーエンドで頼むよ!」
画面の女に恋をした!
ロマンティック・ヲタクボーイ
〜やはり2次元に限る〜

映画じゃなくても良いんだね
2人、完成した脚本の中で永遠に

ーーーーーーーーーーーーーーー

フリクリ オルタナ(2018年)
監督:本広克行(総)
   上村泰
脚本:岩井秀人
 (↑個人的 ”ムリな脚本家” リスト入り)
アニメ制作:Production I.G

映画館までわざわざ行かなかったのは
正解だったなァ〜って思いながら観てた
フリクリっぽい演出をまぶす感じ?
で、ありながら勢いはなく
きっとフリクリの演出は挑戦的で、
実験的でもあったよね
この映画の演出は?
新しさはどこに?
いや新しさなんて無くても良いけど、
単純にサムい、スベってる
すんげー普通
ハルコはハルコだった
言い回しとか、そこらへんに関してはね
しかし、違和感は拭えない
パチモン感がすごい
とはいえ、グーグルマップのピンみたいに
現実にピンが刺されていって…という
徐々に世界がおかしくなっていく感じ
フリクリを現代的な装いで再生産
これは良い点なのかもね、苦しいけど
脚本のクソっぷり、構成的にもクソ
実はそこが全てだったりして
そこさえマトモなら、あるいは
いやしかし、
The Pillowsの曲が流れるとき
エモいシーンが多かったフリクリ
対し、本作
エモいシーンなんか、ほとんど無かったね
効果的に使われていたかな?
所々、フリクリっぽさを演出する本作
The Pillowsだって、
制作陣にしてみりゃ、
その材料に過ぎないんじゃないの
「っぽさ」のために使われただけ
そんなことを思うよ

本作の存在意義、それはフリクリファンによる熱のあるブログ記事の材料となることだったかもしれない
フリクリを見つめ直し、再評価する材料
本作を本作として愛することは、
到底できそうにない
JKを性的に見るくらいしか
楽しみようもない
それ以上のものではない

さめぱ (id:samepa)氏の記事↓
http://samepa.hatenablog.com/entry/2018/09/08/212456

ーーーーーーーーーーーーーーー
2019/03/15

フリクリ プログレ(2018年)
監督:荒井和人
   海谷敏久
   小川優樹
   井端義秀
   末澤慧
   博史池畠
脚本:岩井秀人
アニメ制作:Production I.G

アツいシーンは、面白いシーンは、少なくともオルタナよりか多く、アニメとして面白みがあったのは確か
林原めぐみはスゴい今更言うまでもない
しかし最終回の様々な展開が鼻につく
加えて5話の作画からの落差が激しい
全体を俯瞰したとき、音楽関係の演出も上手くないような、と感じる
同じ曲を何回も使うから安っぽい
ヒドミは魅力あったね
魅力を感じられるキャラがいるだけでも、作品としちゃ及第点以上だろうとも思う

さめぱ (id:samepa)氏の記事↓
http://samepa.hatenablog.com/entry/2018/09/29/230507

ーーーーーーーーーーーーーーー
2019/03/17

ソング・オブ・ザ・シー 海のうた(2014年)
原題:Song of the Sea
国:アイルランド
監督:トム・ムーア(Tomm Moore)

最近のPCゲームにありそうな絵的表現だ
日本アニメには無い表現で面白みがある
セルキーの神話に基づく物語であるが、
夜明け告げるルーのうた』における人魚の世界と同様、セルキーや妖精の世界には死後の世界を思わせるものがある

苦しみからの開放は即ち死を意味する
マカによって石化されてしまった妖精たちは、シアーシャの歌によって、その石化の呪いから解かれて元通りになる…ということにはならない
石化された体はそのままに、そこから魂を解放するといった感じだった
シアーシャの歌は鎮魂歌というか…癒やしの歌?…そんな意味合いがあるよね

マカのジブリ感がスゴい、モロだね
髪の毛すんげ長いシャナキー、面白いキャラだよね

ストーリー展開や設定について、「なんで?」と思うこともあったが、まぁ、別にいいかな

ーーーーーーーーーーーーーーー
2019/03/19

ねこあつめの家(2017年)
監督:蔵方政俊

携帯片手に観ても充分な感じの密度

ーーーーーーーーーーーーーーー

SING/シング(2016年)
英題:Sing
監督:ガース・ジェニングス(Garth Jennings)
アニメ制作:Illumination Entertainment

すげーなぁアメリカの3DCGアニメ
かける金も違うってことだろうけど、まぁ〜…
アッシュみたいな娘、僕の性癖に刺さるものがあるのでツラい

ーーーーーーーーーーーーーーー
2019/03/28

バーチャルさんはみている(2019年)
監督:阿部大護
アニメ制作:リド

なんだったんだろうね…
ヒメヒナはね、慣れれば可愛いよ
月ノ美兎のモデルがバランス悪いよね
シロとかアカリとか、あーいうのと並ぶとなおさら…

あとついでに転スラみ観たけど省略ね…