お前が嫌い

極めてパーソナル

観たもの羅列日記 2019年01月

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2019/01/05

素敵な選TAXI(2014年)
脚本:バカリズム
   オークラ
演出:筧昌也
   星野和成
   今井和久

面白いドラマだった いやー
枝分に関してはもう、脚本のバカリズムその人としか思えない瞬間すらあったのが印象的
印象的といえば7話が印象的だった よろしく
2話の民宿の主人なんかも…
2話最後の彼を見たときなんかあれだね
映画(叛逆)の暁美ほむらじゃないけど
私ね、知ってるんだよ的なね
あ、まどマギのあのシーン思い出すとじんわりくるものがあるよ、ヲタクのさが、だね キモ
毎話独立したストーリーかと思いきや、登場人物が再登場してストーリーに絡んできたりして、そのサービス精神も心地よかった

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

火の鳥 鳳凰編(1986年)
監督:りんたろう

火の鳥、なんだかんだ観られる
復活編のストーリーも知りたいな

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2019/01/13

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年)
監督:デヴィッド・イェーツ(David Yates)
脚本:J・K・ローリング(J. K. Rowling)
シリーズ第一作目

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2019/01/14

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書
原題:The Post
監督:スティーヴン・スピルバーグSteven Spielberg

面白かったよ多少勉強しながらじゃないとついていけない事もあったけど
http://www.azusawa.jp/break/essay/20131107.html

2013年、ワシントンポストAmazon.com創業者・会長兼CEO兼社長、ジェフ・ベゾスに売却された
Amazon.comが関与するわけではなく、ナッシュ・ホールディングスLLCの傘下になった
新聞社が株式公開するイメージが無かったから映画を観ていて驚いた

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

グレイテスト・ショーマン(2017年)
原題: The Greatest Showman
監督:Michael Gracey

ユニークな人たちを集めてショーを確立したあたりまで面白かったけど、以降飽きていったというかな

前半の映像表現に魅せられた

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

電脳コイル(2007年)
監作・監督:磯光雄
アニメ制作:マッドハウス

面白かったなー電脳コイル
オリジナルアニメ ってだけでも評価高い

まるで子供たちによる空想のごっこ遊びが具現化したかのようだった
古い空間という設定や、きれいな石ころ集め
それに値段を付けたり
魔法陣的なのを書いたり
くびなが の件なんか、白いところは渡れない、みたいなルールも実にそれっぽい
ノスタルジックな感覚が、電脳メガネが当たり前に普及するハイテク社会の中に息づいており、そのバランスが面白い
SFなんだけど、レトロな感じ

ヒゲの話、楽しかったスネ
素晴らしい発想だよね

磯光雄 氏、今何してるんだろうかと調べたけど、電脳コイル以降、大きな仕事はしていない…?
Twitter見てもほとんどなんらかの面白ツイのRTだ…

他の監督作品や原作ものなんかが気になったりもしたが、この一発以降はなさそう

まぁ〜〜〜……………

電脳コイルを生んでくれただけでも感謝である

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2019/01/25

ツルネ(2018〜2019年)
監督:山村卓也
シリーズ構成:横手美智子
アニメ制作:京都アニメーション

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

耳をすませば(1995年)
監督:近藤喜文
脚本:宮崎駿
アニメ制作:スタジオジブリ

サントラが面白いね
天沢聖司と初の対面を果たしてからの「やなヤツ」ループのあたりで流れるサントラがずっと
コンッwwwwwクリィッwwwwトロードwwwwwww
コンッwwwwwクリィッwwwwトロードwwwwwww
って繰り返してるでしょ、面白いね

バロンの正式名称はフンベルト・フォン・ジッキンゲン男爵なんだね
覚えておいて損は〜〜〜ないっ!
ないんだよぉー↑