お前が嫌い

極めてパーソナル

TopGearを観ながらネットサーフィン

AmazonPrimeVideoにて視聴

〇TopGear Season2 Episode1

==フォルクスワーゲンニュービートルの紹介から~~

フォルクスワーゲンVW)はドイツの自動車メーカーである。ということはギリ知っている。他に知ってるのはロゴくらいなもんだな。

 

排出ガス規制不正問題は2015年に発覚してから未だ収束しない様子。調べだしたらキリがなく、把握するのは大変。逮捕者が出るくらいだ。どでかい出来事なのよね。

フォルクスワーゲンって企業グループなんだなぁ。車業界は本当にわからん。

アウディの名前はよく聞く。輪が4つ並んだロゴも見覚えがある。しかしこのメーカーがフォルクスワーゲンの子会社だとはついぞ知らなかった。日経の記事では主要子会社という表現をされている。

ランボルギーニ。名前は知っている。イタリアのメーカーだそうだ。

主要株主はアウディだ。1999年以降フォルクスワーゲンのグループに属している。

VWでけぇなぁおい。ブガッティも聞く名前だけど、これもまた傘下なんだな。

どこで聞いたのか、といえばどうやら「ブガッティ・ヴェイロン」として聞き覚えがあるということだな。『2015年2月、ヴェイロンの完売が発表され、絶版となった』とある。へぇ~。TopGearで褒められてたのが記憶に残っている。

ポルシェとVWとの関係も面白い。元々VWはポルシェの傘下だったのが、逆にVWがポルシェを買収、経営統合。ポルシェの完全子会社化が2012年のこと。

「ポルシェ一族」で検索をかければまだまだいろいろ出てくるだろうけどここは引く。

親会社より子会社が大きくなってしまったとき、その親会社を買収すればその傘下のデカい子会社の買収も完了するということがあるために、その状態にあるというのは少なからずリスキーだということなんだろうな。

ホリエモンがフジテレビの買収のため、その親会社でありながら資産規模の小さいニッポン放送を買収しようとした、とか。そんなことが起こってしまうのだ。

...敵対的買収事件もいろいろ掘っていくと面白そうだし、そういえばライブドアについても詳しく知らないなぁ。

しくじり企業 Chapter14 ~ライブドア~前半 - ニコニコ動画

そこで僕はこれを観ようかななんて思った。また今度。

 

==

 

業界によって頻出の単語が違うのは当然のこと。

株に関連してネットサーフィンをしていると聞きなれない単語がわんさかと出てくる。

改めて実感するね。

 

世間的に、ということではないけど。

個人的に最近、ライブドアがどうこう以外の場面でも、公開買付制度「TOB」という言葉を目にすることが多かった。なんなら一般常識的な基本の単語なんだろう。

金融庁のHPを参考にすれば、「会社支配権等に影響を及ぼし得るような証券取引について、透明性・公正性を確保するため」の制度なのだそうだ。

TOBで検索をかければ、つい先日のニュースがトップに出てきた。見覚えのある見出しだったが、そういえば中身は読んでいなかったな。

mainichi.jp

ユニー・ファミリーマートホールディングスとは知らない名前だったが、2016年にファミリーマートユニーグループ・ホールディングスを吸収合併し生まれた純粋持株会社なのだそうだ。Google持株会社Alphabet みたいなものか。「純粋」が付くかどうかの違いがここにあるのかは知らんけど。

ユニーグループ・ホールディングスって何だ。曰く、ユニー、サークルKサンクス等を傘下に持っていた日本の大手流通持株会社らしい。

あ、サークルKサンクスのところの...。あぁ~(遠い目)

Twitterでも話題になっていたよなそういえば。

news.livedoor.com

確認してみると2015年末の段階でファミリーマートは、その株を伊藤忠商事が3割持ってはいたが、どっかの小会社というもんではなかった。セブンイレブンも、サークルKも、その上に持株会社が存在しているのと比べると...ローソンって三菱商事の子会社なの? 知らんかった...。

しかもファミマがサークルKサンクスを吸収したのとほとんど同時期に子会社化したらしい。2016年9月1日をもってユニグループ・ホールディングスがファミリーマートに吸収合併されたのに対し、三菱商事によるローソンの子会社化は同じ月の16日のことだ。ここにもTOBの単語が。

ともあれファミマはユニーグループ・ホールディングスの吸収合併を機にユニー・ファミリーマートホールディングスのグループ企業となったのだ。ファミリーマートの株はユニー・ファミリーマートホールディングスが100%保持する形に。

ファミマ株を3割持っていた伊藤忠商事は引き続きユニー・ファミリーマートホールディングスの主要株主だ。wiki曰く2017年2月時点で34.67%だったらしいが、2018年2月になると39.40%に。増えている...。

そこで、伊藤忠商事とファミマの関係が気になり検索してみた。するとこんな記事がでてきた。

www.itmedia.co.jp

伊藤忠は2018年4月19日、現在、持ち分法の適用会社となっているユニー・ファミリーマートホールディングスを子会社にすると発表した。TOB(株式公開買い付け)を実施し、出資比率を現在の41.45%から50.1%に引き上げる。TOB実施後も株式の上場は維持する方針だという。』

...あ、そうなんですねぇ~。コンビニ業界は騒がしいな~。

先の記事ではコンビニ(小売店)と商社の関係性について言及がある。三菱商事とローソン、伊藤忠商事とファミマ、そして王者セブン&アイ・ホールディングス。面白く読めた。

ファミマのドンキ出資は2018年10月11日の話だ。ここまで理解の上なら先に貼ったこの記事中の図も読み取れる。

ファミマ:ドンキに出資へ TOBで株20%取得へ - 毎日新聞

またはこの記事。

www.chunichi.co.jp

グループ会社ってなんなんだ、と思った。

20.17%を上限とした株式取得でドンキを関連会社としてグループ化するらしい。

20でいけるもんなのか。

「持ち分法適用の関連会社としてグループ化」というのが重要か。

『 <持ち分法適用会社> 親会社が持つ議決権比率が20%以上、50%以下の関連会社。税引き後の損益(純損益)から出資比率に応じた分が親会社の連結業績に反映される。』とある。

子会社、親会社、関連会社、グループ会社...

よくわからないからここで勉強してみよう。

globis.jp

へぇ。