お前が嫌い

極めてパーソナル

ラム酒

ラム酒は良いな、ホントにな。
好きなんすよ、ラム酒
しかしまぁ、酒が好きなわけではないんだけどね。
そんでね、覚えているうちに、どういう経緯でラム酒に行き着いたのか、など、諸々のメモを残そうと、こう考えたわけです。

さて、おそらく、私がラム酒に出会い、興味を持ち、飲むに至る、その流れの始点には「電気ブラン」がある。
夜は短し歩けよ乙女、かなぁ。
有頂天家族、だろうか。
森見登美彦の小説に出てくる「偽電気ブラン」に憧れを持って飲んだのだった。そして好きになった。
いや、曰く、「偽電気ブラン」は「電気ブラン」の味とは全く違うものだそうだけどね。
また、曰く、大人曰く、「電気ブラン」は、酒じゃないそうだが笑
まぁ、ともかく、あの味を好きになったのだった。
ビールの旨さもよくわからんし、
赤ワインの良さもわからん。
酒の席ではジュースみたいな酒を飲むばかりだったそんな私だったが、初めて特定の酒を好きになったのだ。
その後、電気ブランにまつわる何かしらのエピソードなんてものは、とりわけ無かったと記憶している。
ただ、安いもんで、飲みたくなれば気軽に買ってたなぁというだけ。
初めて自分で買った酒も電気ブランだったかもしれない。
ちなみに、同じく森見登美彦作品関連で、赤玉ポートワインも飲んだことがある。が、
あれは飲めたもんじゃないな、と思った。
全部飲みきれず、調理酒としてなんとか消費した次第である。

さて、そんな電気ブランライフを送っていたところに偶然ラム酒を飲む機会があった。
飲もうと思えた理由はやはり、その色合いが似ていて、なおかつ、電気ブランと同様にアルコール度数の高いものだったから、だろう。
好きなものに共通する要素が多ければ、やはり人間、惹かれるのである。
飲む。
するとね、その甘みにイッパツでやられたわけですな。
曰く「酒」でない、「電気ブラン」を好きになった私は、今後おそらく、「酒」を好きになることはないだろうと思っていたのに。
ラム酒!ええやないか!

ロックで飲んでいたんですよね。
これは、電気ブランを嗜んでいた頃には、発見していたのか、教えてもらったのか、知ってたんですけど。
氷を入れておくと、時間経過と共に味に変化があるんですよね。
そんでもって、その変化の仕方というのが、最初は味も濃く。それが緩やかに薄味になっていく。
濃いラーメンは最初旨くとも、後で飽きるものでしょうが。
徐々に薄まって飲みやすくなるというのは、ちょうど良いわけです。
アルコール度数の高いものならおそらく、漏れなく当てはまるものでしょう。電気ブランにも当てはまったが、ラム酒にもまた当てはまる。
ロックで飲んで、カッコつけてストレートでいって、そんな感じでの飲みがしばらく続きました。
そうそう、カップのバニラアイスかなんかに、ラム酒を垂らしてみたら良いよ。甘いアイスとラム酒の組み合わせは至高だ。

しかし…ラム酒は他にも、最高の楽しみ方があったんですよ…!アイスに垂らすのと同レベルのやつ!
それがね、コーラ割り。コーラですよコーラ。最高なんだから。
酒を楽しむのならば、酒単品で味わうべきだと考えていた時代があった。ほんの数ヶ月間のことだろうけども。
カッコつけてストレートですよ。しかし、ね。
コーラで割れよと言いたい。半端じゃないんだから。
組み合わせも様々、考えられる。ラム酒を変えるのは当然、コーラを変えても良い。
私が経験したはじめての「ラム酒コーラ割り」は、
レモンハート デメララ」と「ペプシコーラ」だった。
ペプシコーラは甘いからなぁ、これがコカ・コーラならばどんな違いが出てくるだろうか。
試してみたいなぁと、思う所存。


電気ブランがどうこう言っている頃は名も知らなかった『ラム酒』。
いま、「夜は短し歩けよ乙女」を見返すと、どうやら乙女はラム酒がたいへんお気に入りであるようだった。
海が全て、ラム酒であれば良いのに、という願望には、些か、ついていけそうにないが。