お前が嫌い

極めてパーソナル

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン

最新話放送のたび、随時更新
(視聴継続できれば)


ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン(2018年)
監督:迫井政行
シリーズ構成、脚本:黒田洋介
アニメ制作:Studio 3Hz

このアニメの原作が、『キノの旅』の著者として有名な時雨沢恵一であって、なおかつアニメ制作会社が、『プリンセス・プリンシパル』も制作したStudio 3Hzである。
観てみようかな、という気も起こる。


ソードアートオンライン。私は、どちらかといえば嫌いである。
いや、アニメとしてエンタメ性はあると思う。
実際、観ていて退屈するものではなく、一般に人気があるのも、やはり全く違和感がない。
だけどさぁ、観ていて、『アマガミ』の主人公の如く「ははっ」っと笑っちゃうシーン、展開が多いんだよね…。
本作の1話だって、そうよ。
最後だよね最後。
あの、ずっと指示してたおじさん、戦闘において頭の回る人なんでしょ?
そんな戦闘おじさんが、彼らに勝てる戦術を考えたわけでしょう?
あの可愛い娘の俊敏性を活かした、相応に知的な戦術によって見事に勝利!という流れかと思いきや…


パワープレイやないか。


うーん。なんだ。これが意外性というものか。
裏切られた!
たはーっ!

例の可愛い娘がさ、戦闘のプロ達の司令官を後ろから狩ってさ、チームを混乱させたうえでどうこうとか、そんなんかなぁって思ってたのよ。

そうかぁ!正面突破!
序盤、あれだけ衝突を避けていた戦闘のプロ達を相手にして、圧倒的俊敏性をもってして、完全無双!

そうだよね。主人公は姑息な手を使わず正面突破して勝つものだよね。うんうんうん。