お前が嫌い

極めてパーソナル

観たもの羅列日記 2018年03〜04月

ーーーーーーーーーーーーーーー
2018.03.08

CLANNAD 〜AFTER STORY〜(2008〜2009年)

監督:石原立也
シリーズ構成:志茂文彦
アニメ制作:京都アニメーション

というわけでCLANNAD2周目完。
総集編の一番最後に、追加カットがあるんだということはここに書き残しておこう。
あと最終回からはED映像に変化があること。
キャラの行列に風子と汐が追加されたってだけの話ではあるけれども。
あと改めてOP曲の歌詞を聴くとやはりCLANNADを歌ってるなぁと思った。
また、原作ゲームをやるかやらないかで、アニメの結末が腑に落ちるか否かが分かれるとも言われる。
あとは…なんか書いておくこと…
そう、DVD特典の『もうひとつの世界』 杏編、智代編に関しては未だに観てない。杏が好きなもんで、是非観たい。ていうか原作やりたい。
せっかくvita持ってるんだ…。
アマガミへの想いが爆発して、アマガミをやる為だけに買ったvita…。
せっかくだしCLANNADも買いたいところだぁ…。

ーーーーーーーーーーーーーーー
2018.03.23

この世界の片隅に(2016年)

監督・脚本:片渕須直
製作総指揮:丸山正雄
アニメ制作:MAPPA

何日か前に響けユーフォの1期の総集編の映画を観たんだけど書き忘れてしまった…。
何日前かわからないので今回はここに書くことを代わりとしよう…。
さて『この世界の片隅に』だけれども。何回も観なきゃわからない映画だろうと思う。いや、こう言うと、勝ち誇って「いやいやストーリーは分かるでしょ笑」とでも言う者もでるだろうか。そういう事じゃない。細かな演出のすべてを、心情を、網羅的にしっかり読み解くなんてことは、1回観ただけでできるものではない。出来てるよ?って、あなた。笑
分かってるつもりになってるだけだよ浅い人だね笑
網羅的に読み解く必要が何処にあるのだと思うだろうか。いやいや、それが価値ある作品ならば、網羅的に読み解かなければダメでしょう。そのひとつひとつが作品を構成する表現であるのに、その解釈も不十分なままに、作品を鑑賞したことにはならない。
体力と時間がいることだ。映画そのものが終わってその後、作品を頭の中で反芻していたら、何かにふと気がつくことだってある。

さて、メモを残しておこう。すずさんの後悔。あのとき、右手でなく、左手で握っていたならば、という後悔。「もしも、そうだったなら」に関しては、作中でも周作との会話にあるとおりではあるけど、本作において、「すずさんが右側に立っていたなら」どうなっていたのかを予感させるシーンも最後の方に用意されている。右手右足にガラスの破片が刺さってグロテスクで、しかしその人の見た目がまた、すずさんっぽいという。その2つのシーンには関連性があるよという、メモでした。

ーーーーーーーーーーーーーーー
2018.03.24

アリーテ姫(2001年)
監督・脚本:片渕須直
アニメ制作:STUDIO 4℃

まぁな、正直申し上げてつまらなかったけれども。
子供の頃に公民館かなんかで見せられるような映画というかなんというか。眠たいぜ。
訴えるものはあったけどね。別に、ただつまらないだけの映画ではない。アニメそのものだって、細かな表現の質が高かった。何故眠くなるって、淡々とした演出と、その色合いと…。要は好みかそうでないかである。派手な演出もなく地味な作品であるわけです。例えばジブリみたいに走らない。情熱的な何かがあるわけでもない。
しかし、地味でありながらもそれだけの映画でない。例えば、建物も高度な魔法も、金色の鳥型飛翔体も、人の手によって作られたものであり、だからこそ、私の手にだって、生み出せるものがあるのではないのかという。無限の可能性!的な。
私はといえば、エンジニアにでもなればいいよと思いつつ観ていた。笑
でもそういう事だよね、エンジニアと一言に言っても、設計技師なんか如何か。そして製品の完成を見て、仕事のやりがいを感じるのであった。
メーカーに履歴書を送れ。リケジョになれ。フェミニズム文学に対して、「リケジョ」とは何事か!?
しかし印象としてどうあがいても地味の一言に尽きる。こういう作品を好きだと言えたなら、なんだか通っぽい。作品は楽しむのにも能力が要る。

元が童話である。故に、この物語の雰囲気もまた、それに沿ったものである。
とはいえ、原作のwikiを見てみると人物紹介の項目を眺めるだけでもいかに原作から改変されているのかがわかる。
魔法使いのおじさん、ボックスなんかは最終的に雌馬に蹴られて死ぬらしい。フェミニズム文学であると聞くが、こういう所にもその思想というか、表れているのかもわからない。

ーーーーーーーーーーーーーーー
2018.03.25

ポプテピピック(2018年)
シリーズディレクター:青木純
           梅木葵
シリーズ構成:青木純
       木戸雄一郎
アニメ制作:神風動画

星色ガールドロップはどうした。最終回に向けて打たれた予告はどうなった。
2期とは…。

ーーーーーーーーーーーーーーー
2018.03.28

響け!ユーフォニアム2(2016年)
監督:石原立也
シリーズ構成:花田十輝
アニメ制作:京都アニメーション

2周目。やっぱり良いアニメだ。1期2期ごちゃまぜの感想になるかもしれないけど少し書こう。
曲の各部分を、各奏者が練習していくじゃない。繰り返し繰り返し。視聴者にしてみればさ、覚えちゃうよね、フレーズ。
加えて、そのフレーズを練習する中で起こる苦労や挫折、人間ドラマ。そういうものが各フレーズに付されていくわけね。
大会のシーンになって初めて視聴者は1曲通して聴くわけだけれども、それまでの各話を観ていれば、曲の中に聴いた覚えのあるフレーズが続々と出てくることになる。ただでさえ、音楽体験として、聴いたことのあるフレーズの連続というのは気持ちの良いものであるのに、加えて各フレーズに付された物語がフラッシュバックしていく感覚は大変な感動をもたらすものであり、最高の演出ですね、ええ。
石原立也監督、フラッシュバック演出よく使うじゃないですか。響けユーフォの中でも目立ってたでしょう。このフラッシュバック演出の延長線上にあるような印象ありますよね、最高の演出ですね、ええ。
その他にも細かな演出がいっぱいなアニメですな。
まぁ、いつもの京アニ、といったところで、安定ですな。
そうそう、今回は『リズと青い鳥』の公開に先駆けて再放送と相成ったわけ、でしょうけれども。そこらもやはり、意識して観ていたよ、今回。
つまり、「鎧塚みぞれ」と「傘木希美」の関係性。これがどのように描かれるのか…。
4月に公開とのこと。観たい想いが溢れて止まらない。

===

からかい上手の高木さん(2018年)
監督:赤城博昭
シリーズ構成:横手美智子
アニメ制作:シンエイ動画

もうほんと、クール通してワンパターンだったけれども、高木さんが照れる側に回ったときの感覚は最高で、こればかりはもう、繰り返しの美というものの、一つの例ということでしょうね、ええ。

ーーーーーーーーーーーーーーー
2018.04.01

3月のライオン 第2シリーズ(2017〜2018年)
監督:新房昭之
シリーズディレクター:岡田堅二朗
シリーズ構成:新房昭之、東冨耶子
アニメ制作:シャフト

最終回、アバン、めちゃ紙芝居でしたね。
シャフト故の紙芝居ってか普通に紙芝居でしたね。
さてそれはともかく。
ひなちゃん。髪切ったけれども。漫画のときも思ったけど普通に可愛いもの、気にしなくても…いや、まぁ、大人感はまぁ…ないけれども…うん…。可愛いよ。うん。
いやぁ、遂に終わったか、2期も。そのうち3期はくるのかな。どのくらいの量のストックがあったっけかなぁ?

===

劇場版カードキャプターさくら 封印されたカード(2000年)
監督:浅香守生
脚本:大川七瀬
アニメ制作:マッドハウス

さくらカード編のあとの物語。あのあと、こんな、カードが取られるなんて修羅場があったのか笑
封印されてたクロウカードなんてものがあったのか。あぁ、タイトルにあるとおりだわ。
すべてを無に還すカードかぁ。
大変だぁ。
さくらカードにするために一番大事な想いを引き換えにする必要があるそうだ。
大変だぁ。

さて、クリアカード編をさ、観てるわけじゃないですか。
今の作画ですよ。いや、今の基準で行っても相当なモンであるわけですよ。
にも拘らず、拘らずですよ。作画に感心しながら観てしまうんですよね。
18年前よ。18年前のアニメ。ヤバイね。
ケロちゃん、可愛いよね。なんか改めて思うよ。
ていうかこの映画のケロちゃんが特別可愛い?
ところで、遠く離れた場所にいる人との連絡手段が手紙だったね。スマホではない。当たり前である。
観覧車のシーン。聲の形を思い出すわ。あとフォトカノプラスティック・メモリーズ

ってか、えっぐぅぅぅぅwwwwwwww
物語シリーズの暗闇なんか、まだ良かったな笑
無差別で消しにかかる笑

「待ってればもとに戻るから!」
『やだ! だーいすき!』

終わりかた、良いっすわぁ…。
こっからのクリアカード編1話ね。
なるほどなァ。使い回された表現ではあるけれど…
尊い、なぁ…。
あと挿入歌いちいち良かった。
これがあっての、「もう我慢しなくて良いの?」か。
うんうん。充分だ。充分に尊い

ーーーーーーーーーーーーーーー
2018.04.05

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(2018年)
監督:石立太一
シリーズ構成:吉田玲子
アニメ制作:京都アニメーション

全体的にはまぁ、あまりハマらなかった。
CMに関しては放送前からさんざん見てたから、最終回でようやく流れた例の挿入歌は「キターッ!」って感じだったし、最終回に関して言えば終盤あたりの演出は感じの良いものだった。『愛してるの意味も少しはわかるのです』的なセリフのシーンなんかもねぇ、良いんだけど…
なんだろうな。なんだろう。入り込めなかったなぁ。
アニメーションそのもののレベルが高いものだから、通して観られたけども、それがなきゃ途中で切ってる気がする。
これは、そもそもの原作のストーリーから既に好みでないのかもしれない…。
EDのさぁ、「あーなたのーこえがー」もさぁ。合ってない気がしない?
ストーリーに被さるようにしてEDテーマが流れてくる演出ってよくあるし、これによって視聴者側に感動をもたらすこともしばしばあるけれども、本作においてはこの演出によって感動するようなことが無かったし、なんなら邪魔だったと思う。
とはいえ、終わり方はキレイなものだった。半端な部分も別に無かったように思ったけど、新作決定とのこと…。
やっぱりあれかな?あれ。何話だったろう。
…調べたら6話だった。6話のリオン君。
愛してるの意味も少しはわかったところで彼との恋物語なんか始めちゃいますか?
で、なかったら…新作で何をやるのかしらね。最終話の一番最後のヴァイオレットの様子は少し含みのあるものだったけれども、その先に居たのは誰だろう。新作へ繋がる演出だったりするのだろうか。
まぁ、うん。映画なら、わざわざ観に行かないだろうと思う。
Netflixならまぁ、観ても良いけど。

あとは、どうでもいいけど何話目かで、余命の短い母親が、自分が死んだあとに残される娘にあてて手紙をしたためたでしょう。何年分も。
これを観ながら久米田康治作品『かくしごと』を思い出した。段ボールがいくつも仕舞ってあって、8歳、9歳、10歳…。これらは今は亡き(?)母親の残したもので、娘は毎年、誕生日を迎えると、該当する段ボールを開けるという。新刊出てるはずだけど、買ってないなぁ…。

ーーーーーーーーーーーーーーー
2018.04.08

最近、『まどかマギカ』や『四畳半神話大系』が結局強いよなぁ〜と思っていたけれど、
そして『たまこまーけっと』は所詮、私が個人的に思い入れがあるにすぎず、名作の一つに数えるには少し苦しいと思っていたけれど、
高校生時代の豆大のテープが出てきたあの神回をたまたまニコニコで見かけてしまって、あぁやっぱり、私はブレることなく、『たまこまーけっと』という作品を名作として推し続けていかねばならないなと、こう思ったわけです。
魔法少女まどか☆マギカ
四畳半神話大系
そして『たまこまーけっと』。
これが私の、個人的名作選です。

ーーーーーーーーーーーーーーー
2018.04.15

宇宙よりも遠い場所(2018年)
監督:いしづかあつこ
シリーズ構成・脚本:花田十輝
アニメ制作:マッドハウス

いやもう、特に言うことはないというか。
たいへん良いアニメだった…。
花田十輝脚本は良いな…やはり…。
思い返せば1話から細かな演出にもユーモアがあって、その点も本作が良いアニメであることを予感させていた。
1話か2話で、いいやって切ったんだよな。最初。
あまりアニメ観る時間が暫くなかろうと思っていたのもあるんだけど。
100万円を倫理の教科書で包んでいるのとか面白くない?
こういった、細かな遊び心があるアニメって良いじゃん。実際良かった。

なんかもう、作品を頭の中で反芻させて考える必要もないくらい、どストレートな作品というのかね。
そんな感じなんで、本編を細かに振り返ることはしないけど、11話の報瀬はカッコよかったねぇ。
正直、所々、演出に好みでない部分もあったんだけどね、それはまぁ、おいて置けるくらいには全体的に面白く観られたので、おっけーです。

メモ
https://xckb.hatenablog.com/entry/2018/04/07/104710

ーーーーーーーーーーーーーーー
2018.04.21

HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル シーズン1(2016年)
出演者:松本人志
    ジミー大西
    大地洋輔ダイノジ
    川原克己天竺鼠
    ハチミツ二郎東京ダイナマイト
    斎藤司トレンディエンジェル
    久保田和靖とろサーモン
    藤本敏史FUJIWARA
    アントニー(マテンロウ
    宮川大輔
    くっきー(野性爆弾
Amazon Prime Videoオリジナルのバラエティ番組。

          • -

クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん(2014年)
監督:高橋渉
脚本:中島かずき
アニメ制作:シンエイ動画
また、絵コンテに湯浅政明の名が。

ある個人を、その個人たらしめるものとして記憶というものがあると考える。
例えば、私は私であると認識できるのは、何年も昔から、ほんの数秒前までも、私は私として活動していた記憶があるからである。
というね。Twitterで『寝て起きるときに自分が自分のままであるか不安になる』というような、誰かのツイートを見かけたことがあった。
ふとした瞬間に感じたんだろうね。このツイートはもう少し死というものも絡めた内容だった気もするけど厳密な内容なんか覚えていない。
ただ、その不安が生じる理由は、寝て、起きる、その間に、記憶がその連続性を失うからなんだとも、その誰かさんはツイートしていた覚えがある。
また、もうひとつ。
人は当然、記憶というものを持ち合わせていない状態で生まれる。胎内において、どこから記憶を蓄積し始めるのか知らんけど、体内で赤ちゃんの形になったあたりから記憶というものを積み重ねていくのだろうと思う。
そして、胎内で、また生まれた後で、生きていく中で様々な経験をして、記憶を蓄積していくことで、それぞれの人格を形成していく。
人格やその性格は、記憶によってこそ形成されると考える。遠くかなたの記憶まで含めて、今の自分を形成するのに必ず影響していることだろう。

こういう考え方って別に新鮮でもないだろうけどね。記憶と自己、という。
調べたらこういうの、出てきたりするのだろうか。ギリシャ辺りの哲学か。ルネサンス以降か。1970年代のSFとか。『世界五分前仮説』なんか、ちょっと関連する部分もありそうだ。
私は教養がない。哲学や文学の知識など持ち合わせていないのでそういうことは知らない。
しかし、少なくとも、湯浅政明監督のアニメ、『カイバ』なんかそういうのを扱ったアニメだったなぁ。
あのアニメの中じゃ、個人とはすなわち『記憶』でしょう。今回の映画で扱われたものと重なる部分はあると思うなぁ。
特に、ネイロとひょーひょー。野原ひろしとロボひろし。その関係性はとても似ている。わぁ、超似てる。
ネイロ、という個人が複製されてしまった『カイバ』。
野原ひろし、という個人が複製されてしまった本作。
いやー、この関係性を『君の名は。』レベルの大衆性を携えた恋愛劇にしてみたらいかがか。既にありますか。どうですか。
複製された側が消滅する際には、ぜひフラッシュバック演出を。だって、いくら自分が複製された偽物であるということを認めざるをえない現実があっても、たしかに、目の前の大切な人との出会いも、告白も、楽しかった思い出も、喧嘩し対立したことも、その後の仲直りも、全部、”覚えているのに”。
みたいな演出にはやはり。
フラッシュバック演出が良いのではないかと。えぇ。
よぉし、こうなったら、ちょちょっとラノベ書いて、パパッと京都アニメーション大賞受賞して、アニメ化してもらうか...。
京アニなら、というか石立太一監督なら、フラッシュバック演出よく使うし...。
脚本とか、誰が良いんだろうね...。ふふ...。なに考えてんだろう私は...。
本作の話ほとんどしてないけど以上。良い映画だと思う。ロボとーちゃんとしんちゃんとのあいだでしか通じない、『いつもの』でわたしは涙する。

ーーーーーーーーーーーーーーー
2018.04.22

未確認で進行形(2014年)
監督:藤原佳幸
シリーズ構成・脚本:志茂文彦
アニメ制作:動画工房

YouTubeでこのアニメの曲を聴いて、良かったもんだから本編も観てみようという。
真白のキャラソン、『きっちんぱとろーる』が好きだ。
1話を観てみると、細かなアニメーションが凝ってて可愛いなと思った。アニメ制作会社を見ると動画工房。なるほど。
真白は可愛い。ほとんど真白のためだけにこのアニメを完走することを誓った。
2話の宇宙人、フラットウッズ・モンスターですね。あと真白のアニメーションが可愛いね。ED映像も最高ですね。真白可愛いね。
ていうか、この曲は前から聴いていたけども、なるほど1話2話を観ると歌詞も本編の内容に沿うものなんだな。
4話。そういえば真白ちゃん、後ろ髪フリフリしてたけどそういう事ですかね?
6話まで観ましたけど真白ちゃんはもうUMA好きになったんすね。可愛いね。
可愛いといえば白夜もまた可愛いね。
書き忘れてたけど白雪ママ可愛いね。
7話。「待て!」が効くとか、あれですかね、犬夜叉ですかね?「おすわり!」
8話。たい焼きの件。真白が最終的に注文を決めて言う「小倉一つお願いします」がね、最高ですね。
恋敵が?でてきた?末続可愛いけど、そんな半端な志望動機ではね、選考落ちますよ(就活)
9話。あ。OP曲の歌詞。
「秘密って言っても否定されたらちょっとショック」
10話。にこちゃんも真白とか末続とかと同様にそっち側だったりして。
鴉だったりして。ある界隈では射命丸文と呼ばれていたりして。
お揃いのモノ…か…。ハンカチ…。
白夜と2人でお揃いかと思いきや。声出ちゃったよ。「ハッ」っと笑
最終回まで観終わった。まぁ、原作も終わってないタイトルなんで、まぁこんなもんでしょうね。
真白の可愛さに、末続の可愛さ。これがすべて。
真白や白夜は犬とかその系統だとして、末続はキツネっぽいなぁなんて思いながら観ていた。
そこらへんは特に明かされることもないまま終わったね。
あと、シリーズ構成・脚本の志茂文彦ってあれですね。CLANNADとかAIRとかKanonとかの人ですね。

        • -

劇場版AIR(2005年)
監督:出崎統
脚本:中村誠
アニメ制作:東映アニメーション

観鈴の叔母、晴子の中の人が久川綾
カードキャプターさくらケロちゃん役である。
晴子は関西弁で喋る。
もうケロちゃんにしか聞こえないのである。
とはいえ、時間が経てばそこは違和感無くなる。
本編に関しては…まぁ…TV版観なきゃかな?
特に感動は得られなかった。
演出にはクセがあった。

        • -

帝一の國(2017年)
監督:永井聡
脚本:いずみ吉紘

夜は短し歩けよ乙女』を何回か観に行ったもんで、時期的なこともあって、この映画のCMは劇場で何回か見ていた。
そして気になってはいた。当時、この映画は面白いぞとTwitterで言われていた覚えもある。
配信来たりしていないかなぁと、再開したてのNetflixで検索しようとしていまいちタイトルを思い出せないなぁまぁいいかぁなんてことをしていたらその日、地上波で初放送するとのこと!観なければ!
ということで。観ましたけど。
しっかり面白かったです。
赤場帝一役、菅田将暉と、
赤場譲介役、吉田鋼太郎の、
あのシーンの演技が面白かった。
大鷹弾と赤場帝一のテストの点数を比べるシーン。
イッてますね。最高ですね。
東郷菊馬と赤場帝一の絡みも良かったですよ。
具体的には校旗掲揚に関して。
校旗を吊るすワイヤーを切断されて、旗が落下する直前に帝一はそのワイヤーを掴んでなんとか支えていた。そこに菊馬がやってきてくすぐりにかかる。
ここのシーン。どうなんでしょうか。腐女子たち。
ここってちょっとした興奮ポイントだったりするのでしょうか。
私は少し、なんといいますか、良かったです
ヒロインの幼少期も良かったです調べたら安藤美優という子だそうです。おっけー。