お前が嫌い

極めてパーソナル

ジョジョの奇妙な冒険(1st)

監督(ディレクター):津田尚克
シリーズディレクター鈴木健一
シリーズ構成:小林靖子
アニメ制作:david production


ジョジョ(1st)、観終わった...。
作品自体有名だし、劇中のセリフはネット界隈でよく使われるし、もはや必修だろうと観始めた”ジョジョの奇妙な冒険”。
これだけ有名になるからには、相応の面白さ、魅力があってしかるもの。
3話まで観た時、このような感想を書いた。

『これは確かに引き込むものがあるな。
有名なセリフも多分に見られ、その点も満足だ。
それにしても、ジョジョ、ディオ。
名は知っていたけど、なるほどこういった関係性か。この後が楽しみだ。
EDのYesの曲も、やはりイカす。
ところで何故3話を観終わった時点でこのような文章を書き始めたかといえば、この感想を書いておきたかったからである。
それは、3話のラスト。ディオだよね?
「ふしゅぅぅぅぅぅ」が、なんか萌えたと、そのような事を。笑』

...ジョジョという名詞が”ジョナサン・ジョースター”だけでなくその子孫まで受け継がれるものだとは、このときはまだ思いもしなかった...。
まさか、1st Season (Part1 ファントムブラッド)の終わりに(2nd Seasonで復活したけど)ディオ諸共ジョジョも海の底に沈んで、Part2 戦闘潮流で一気に孫の代まで飛ぶとは思わなかったし、ジョナサン・ジョースターではなくジョセフ・ジョースタージョジョが出てくるとは。
スピードワゴンもなんか超出世してたし。
私も石油王になりたいわぁ。彼、もともとゴロツキだったんだものなぁ。

観終わって思ったのは、シリーズが長く続くと主人公一人の人生のうちに幾度も苦難が訪れるなんてことになるけど、それが無くて良いなということ。そういう主人公を見かけると可哀想になることがままあるからだ。

最終回ラストで出てきた3代目ジョジョは日本人なのね?
このジョジョは確かに、なんか見たことがある。
観進めよう。


観たもの羅列日記 2017年10月
http://belleband.hatenadiary.jp/entry/2017/10/10/233150