森は生きている『グッド・ナイト』

「森は生きている」の2ndAL『グッド・ナイト』は2014年作。発売日翌日に買ったと記憶している。
発売日に9ヶ月ほどのズレはあるが、「Lamp」の『ゆめ』と同年であり、私の中で2014年の音楽作品の2大巨塔である。
ドローン、ではないけどその精神というか、音響的な感覚を持ったこの作品は実験的すぎたのか...。
残念なのは、『グッド・ナイト』がセールス不振だった様子であること。
岡田拓郎本人がTwitterで「売れなかった」とボヤく程度には売れなかったようだ。
コレ売れてたら3rdあったのかなぁ?
『グッド・ナイト』以降の「森は生きている」を聴きたいと切に願うところだが、ここで朗報である。
岡田拓郎は今年ソロでアルバムを出すようだ。
音楽というものに飽きがきて一時解約中のAppleMusicも、彼の作品の配信があったなら、再度契約もありだ。
いや、遅かれ早かれ、また使うことになるだろうけど。アカウントに残高残ってるし。

新譜といえば。
The Nationalの新譜も聴きたいなぁ。

他には、なにか音楽界隈で面白い動きはあったのだろうか。
最近は本当に追っていない。