お前が嫌い

極めてパーソナル

たまこまーけっと

これも何周目だか...
TVでたまこラブストーリーの放送があったので、それをキッカケにBlu-rayで再視聴。
私が精神的に辛い時期なんかは、優しい『たまこまーけっと』の世界が恋しくて堪らなくなるということがままあった。
それでも時間があまりにもなくて、当時、なかなか観られなかったりしたんだけども、その感覚というのは、今だからこそ思う事だけど、ロマンチックなものだった気がするなぁ。

そもそもこの作品への出会いのキッカケというものを忘れないうちに書いておこうと思う。
キッカケは、『キルミーベイベー』だった。
厳密には、そのOP『キルミーのベイベー』がそれだった。ワケわからんだろう。
順を追って書いてみる。
まず、この『キルミーのベイベー』の作曲は音楽ユニットEXPO(山口優松前公高)によるものである。
この曲はやたらとインパクトのある曲だったもんで気に入って、アニメ観てアルバム買って、サントラも彼らによる作品だからやっぱり買った。
当時、私はといえばCDに有り金全部つぎ込む勢いだったので、情報収集もそれなりにやっていた頃だ。
気に入った曲があれば、作曲者、編曲者を調べて関連する諸作品を網羅的にチェックしていた。
これについても、やはり、例によって調べるわけである。
そうして、彼らの所属する音楽制作プロダクション、manual of errorsがサントラを担当した『たまこまーけっと』に行き着いた、ということだ。
OP曲を初めて聴いたとき私はどう思ったろう。記憶の彼方だけど、こういった、渋谷系的な音はガッツリ好みだったはずだ。
『ドラマチックマーケットライド』
当時は気づかなかったけど、Pizzicato fiveの『マジックカーペットライド』の曲名パロなんだよね。
作曲は山口優でも松前公高でもなく、instant cytronのメンバーとして活動していた片岡知子によるもの。
サントラも、manual of errorsの様々な作曲家たちの名がクレジットにあるが、基本的に片岡知子が多い印象。
音楽制作プロダクションmanual of errorsとしての本領は、『たまこまーけっと』に出てくる『星とピエロ』で流される、あの架空のレコード作品たち。
多種多様な音楽性。これはmanual of errorsだからこそ出来た仕事なんだろうと思う。
Marilouの「Un Lieu de Rencontre」が好き。
商店街のCMの撮影をする回で、みどちゃんが『星とピエロ』に行ったとき流れた曲がコレ。
みどちゃんのキャラソンと対応していて、遊び心がある。
サントラの出来も良く、『星とピエロ』で流れる曲は拘りが感じられて面白い。
これだけでも、音楽大好き人間だった私には強烈だったわけだなぁ。

2017.09.12
たまこまーけっとイラスト&設定資料集
tamako memory’s note
の2冊をね、買いました駿河屋でね。
届け早く届け届いて早く早く早く

観たもの日記
http://belleband.hatenadiary.jp/entry/2017/09/05/133857