好きなアルバム羅列

阿部芙蓉美 - 沈黙の恋人 andymori - ファンファーレと熱狂 飯島真理 - Rose yellow magic orchestra - Technodelic 伊藤真澄 - Wonder Wonderful 大貫妙子 - Lucy Original love - rainbow race 川本真琴 - gobbledygook keeno - before light 狐の会 - (…

カードキャプターさくら さくらカード編

『カードキャプターさくら』という作品においてどのキャラが好きかという、人気投票的なものはあったのかしら。 まだ検索にかけてもいないが、もしかしたら探せばあるのかもしれない。 私なら誰だろうか。 当然さくらちゃんは良いんだけども、今回、15話を観…

森は生きている『グッド・ナイト』

「森は生きている」の2ndAL『グッド・ナイト』は2014年作。発売日翌日に買ったと記憶している。 発売日に9ヶ月ほどのズレはあるが、「Lamp」の『ゆめ』と同年であり、私の中で2014年の音楽作品の2大巨塔である。 ドローン、ではないけどその精神というか、…

カードキャプターさくら クロウカード編

2017.09.09まだ全部観ていないけど、取り敢えず書いておく。 現時点で全46話中24話、おおよそ半分といったところだけど、”クロウカード編”の半分であって、劇場版や、”さくらカード編”があって先が長い。 ゆっくり観ていこうと思う。 メモしておきたい事が幾…

刀語

お姉さん、とがめ、好きよ。七花も好きよ。登場人物全体、良い感じにキャラ立ってたし、どっかしら好きになれた。 アニメ作品において大事だ。敵味方は関係なくそのキャラクター性を好きになれるかどうかというのは。 物語自体、全体的な意味は掴めるけど、…

たまこまーけっと

これも何周目だか... TVでたまこラブストーリーの放送があったので、それをキッカケにBlu-rayで再視聴。 私が精神的に辛い時期なんかは、優しい『たまこまーけっと』の世界が恋しくて堪らなくなるということがままあった。 それでも時間があまりにもなくて、…

観たもの羅列日記

原則観終わったタイミングで付すこと。 殿堂入り ★★ 好印象 ★ ”殿堂入り”は何度も観た上で、それでもなお好きな作品に対して。乱発すべからず。 ”好印象”は初見で、良さげだなぁと思った時に。 ものによっては★★★。信仰の対象。 なお、最後まで観られた、と…

誠実な批判 (日記)

作品への批判というものは、常に誠実でなければならない。 非常にデリケートなものなんだ。 賞賛することは、例外はあれど基本的に無害だ。 だから、たとえ木魚のような頭をしていても臆すことなくその感動を主張すれば良い。 批判に関してはそうはいかない…

打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか? 感想

”もしも玉”というものが時系列的に一番最初に確認されたのは、なずなの、死んだ父が海で手に持っていたところだったと思うんです。 取り敢えず1回観ただけなんだけど、この”もしも玉”とは何だったのか、というのが掴めない。メタファー的な意味でね。 それ…

”聲の形” 感想

繰り返し2回観た。山田尚子監督作品なんで、2周目は演出に注視しつつ。あと何回か観たいところだ。 追記:計4回くらい観た。西宮の心情は彼女の周りにも、こちら側にも伝わりにくいけど、石田と同じく、とにかく自己否定が過ぎるという事を、改めて意識的に…

伊藤真澄『Wonder Wonderful』

「最近、音楽を聴く際にはもっぱらAppleMusicを使っていて、すっかりCDを買うことがなくなった~!」となれば、いち消費者としちゃ最高だ。聴きたいと思った作品が漏れなくその中で聴けるならばそれに越したことはない! けどそうもいかないのが現実でありま…