お前が嫌い

極めてパーソナル

ジョジョの奇妙な冒険(1st)

監督(ディレクター):津田尚克 シリーズディレクター:鈴木健一 シリーズ構成:小林靖子 アニメ制作:david production ジョジョ(1st)、観終わった...。 作品自体有名だし、劇中のセリフはネット界隈でよく使われるし、もはや必修だろうと観始めた”ジョジ…

観たもの羅列日記 2017年10月

ーーーーーーーーーーーーーーー 2017.10.02★プリンセス・プリンシパル(2017年) 監督:橘正紀 シリーズ構成:大河内一楼 脚本:大河内一楼、檜垣亮 アニメ制作:Studio 3Hz × Actas Inc.ニコニコで更新されるたび観てたのは3話くらいまでだった。つまらなか…

2017年秋アニメ

ーーー観たーーー上に位置するものほど好き。 宝石の国 キノの旅 -the Beautiful World-the Animated Series 3月のライオン Just Because! ブレンド・S 魔法使いの嫁 少女週末旅行 このはな奇譚 十二大戦 結城友奈は勇者であるⅡ クジラの子らは砂上に歌う ア…

ジョジョの奇妙な冒険(2期)

(2期) わぁ〜、ディオ本当に復活するんだ〜。 それに、出てきたね。”スタンド”。

Okada Takuro(岡田拓郎)『ノスタルジア』

遂に!ですね!”森は生きている”の2ndが出たのは2014年末。 それから3rdALが出ることはなく解散...。 その後はちょくちょくOkada TakuroはSoundCloudに実験的な音源を上げてたりして、サウンドプロデュースした”South Penguin”の作品では、その成果が垣間見…

3月のライオン 13巻

2017年9月29日発売 10月3日購入アニメ、全部観てないんだよね。途中で切っちゃって。 『3月のライオン』はアニメから入った。原作なんか知らなかったし、シャフトでなければ見向きもしなかったかもしれないが、しかし、私はこうして原作13巻を買った。 全て…

ONCE ダブリンの街角で (音楽)

”ONCE ダブリンの街角で” を観た。 たまたま覗いたブログでは各作品ごとに簡単に点数を付けていたので、評価の高いものだけサラっとチェックしていたらコレに当たった。 掃除機を引っ張ってダブリンの街を歩く様はちょっと面白可笑しくも良い絵だった。 彼ら…

ジャズの名盤入門、という書籍

中山康樹著:ジャズの名盤入門 (2005年) 講談社現代新書大学で借りてきた。同時に三島由紀夫の『花ざかりの森・憂国』も借りた。これに関しては以前ブックオフで見つけた、タイトルに釣られてなんとなく買ってみた同著者の『不道徳教育講座』が面白かったか…

Fitness Forever『Tonight』

Fitness Foreverの新譜が出てたのか! いつの間に!? ...と思っていたら、発売日がまさかの今日でした。良〜い感じのIndie popな作品を数多くリリースするElefant Records。このレーベルのバンドといえば。 The Schoolとか。 The Yearningとか。 Camera Obs…

プリズン・ブレイク Season1

(2005~2006年) 監督:ポール・シェアリング (Paul Scheuring) とか、他いっぱい Netflixで見かけたプリズン・ブレイク。 タイトルは知ってたし、脱獄ものであることもタイトルから分かるけど、内容は全然知らなかったしNetflixが無かったら100%観ることは…

草原の実験(Ispytanie)

頭の中で結びついちゃったもんだから画像を追加しちゃったけど気にしないで良いです。 ちなみに関係ない方のはイギリスのSSW、Vashti Bunyanの70年作、『Just Another Diamond Day』です。 ホントに気にしないで良いです。 核実験の話であることは知ってい…

ガブリールドロップアウト

2周目。攻殻機動隊を観た反動だろうと思う。『New Game!』とどちらを観るか迷ったが、なんとなくコチラを。 以前、『Panty & Stocking with Garterbelt』と【堕天使】というワードに関連性を見て、双方の画像を並べてツイっとしたことがあった事を思い出した…

好きなアルバム羅列

阿部芙蓉美 - 沈黙の恋人 andymori - ファンファーレと熱狂 飯島真理 - Rose yellow magic orchestra - Technodelic 伊藤真澄 - Wonder Wonderful 大貫妙子 - Lucy Original love - rainbow race 川本真琴 - gobbledygook keeno - before light 狐の会 - (…

カードキャプターさくら さくらカード編

『カードキャプターさくら』という作品においてどのキャラが好きかという、人気投票的なものはあったのかしら。 まだ検索にかけてもいないが、もしかしたら探せばあるのかもしれない。 私なら誰だろうか。 当然さくらちゃんは良いんだけども、今回、15話を観…

森は生きている『グッド・ナイト』

「森は生きている」の2ndAL『グッド・ナイト』は2014年作。発売日翌日に買ったと記憶している。 発売日に9ヶ月ほどのズレはあるが、「Lamp」の『ゆめ』と同年であり、私の中で2014年の音楽作品の2大巨塔である。 ドローン、ではないけどその精神というか、…

カードキャプターさくら クロウカード編

2017.09.09まだ全部観ていないけど、取り敢えず書いておく。 現時点で全46話中24話、おおよそ半分といったところだけど、”クロウカード編”の半分であって、劇場版や、”さくらカード編”があって先が長い。 ゆっくり観ていこうと思う。 メモしておきたい事が幾…

刀語

お姉さん、とがめ、好きよ。七花も好きよ。登場人物全体、良い感じにキャラ立ってたし、どっかしら好きになれた。 アニメ作品において大事だ。敵味方は関係なくそのキャラクター性を好きになれるかどうかというのは。 物語自体、全体的な意味は掴めるけど、…

たまこまーけっと

これも何周目だか... TVでたまこラブストーリーの放送があったので、それをキッカケにBlu-rayで再視聴。 私が精神的に辛い時期なんかは、優しい『たまこまーけっと』の世界が恋しくて堪らなくなるということがままあった。 それでも時間があまりにもなくて、…

観たもの羅列日記 2017年9月

原則観終わったタイミングで付すこと。 好印象 ★ 殿堂入り ★★ ”好印象”は初見で、良さげだなぁと思った時に。 また、"良い作品"以上のものでない限り★1で。 ”殿堂入り”は何度も観た上で、それでもなお好きな作品に対して。乱発すべからず。 ものによっては★…

誠実な批判 (日記)

作品への批判というものは、常に誠実でなければならない。 非常にデリケートなものなんだ。 賞賛することは、例外はあれど基本的に無害だ。 だから、たとえ木魚のような頭をしていても臆すことなくその感動を主張すれば良い。 批判に関してはそうはいかない…

打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか? 感想

”もしも玉”というものが時系列的に一番最初に確認されたのは、なずなの、死んだ父が海で手に持っていたところだったと思うんです。 取り敢えず1回観ただけなんだけど、この”もしも玉”とは何だったのか、というのが掴めない。メタファー的な意味でね。 それ…

”聲の形” 感想

繰り返し2回観た。山田尚子監督作品なんで、2周目は演出に注視しつつ。あと何回か観たいところだ。 追記:計4回くらい観た。西宮の心情は彼女の周りにも、こちら側にも伝わりにくいけど、石田と同じく、とにかく自己否定が過ぎるという事を、改めて意識的に…

伊藤真澄『Wonder Wonderful』

「最近、音楽を聴く際にはもっぱらAppleMusicを使っていて、すっかりCDを買うことがなくなった~!」となれば、いち消費者としちゃ最高だ。聴きたいと思った作品が漏れなくその中で聴けるならばそれに越したことはない! けどそうもいかないのが現実でありま…