お前が嫌い

極めてパーソナル

ワードメモ

戦場のメリークリスマス
仏滅のバレンタインデー
引用:https://twitter.com/KMartworks/status/963533230451310592

沙耶の唄

沙耶の唄(2003年)※ゲーム

発売元:ニトロプラス
脚本:虚淵玄

ちょっと気になったんで、動画で見れる範囲で見てきた。
ニコニコやYoutubeだとエロシーンはバッサリだけどね。
しかも3エンドあるうちの2つだけ。
とはいえ、ストーリーはゲームそのものを見なくてもネットに転がっているので何が起きるのか知っている。要は、3エンド、ストーリー自体はチェック済である。
結局、実際のプレイヤーとの差異は、エロシーンを観たか否かである。
これを見るみないでは、多分エンディングにおける感動の度合いは相当に違うものだろうけれども、まぁ、しょうがないね。
ちなみに、わたしはやはり”にわか”である故か、3エンドとも好きだったよ。それぞれにね。
でもまぁ、そうだな、強いて言えば...孵化、かなぁ。

ちなみに手塚治虫火の鳥は読んだことが無い。
が、曰く、本作のオマージュ元だそうである。
作中でも、主人公の、『火の鳥』を読んだことがあるかのような発言があったね。
事故からの生還、すると、世界が醜く見えるようになって、でも、君だけは、という。

私はね、どっかで、多分Twitterかなんかで見た誰かの言葉を思い出していた。
原文ママでないけどね、私流で書けば、
『こんな、あらゆる意味で歪んだこの社会にあって、真っ直ぐに見える人間なんてものは、その実、歪んでいるんだよ。』
という。

その言葉の解釈を極限まで引き伸ばすと、『沙耶の唄』が生まれるのかもしれない。
発狂しそうになるほど醜い世界と、美しい『沙耶』という少女。
その醜悪さこそが真っ直ぐの世界で、ただ一人綺麗。

観たもの羅列日記 2018年01月

ーーーーーーーーーーーーーーー
2018.01.03

君の名は。(2016年)
監督:新海誠
脚本:新海誠
アニメ制作:コミックス・ウェーブ・フィルム

TV放送で初視聴。
どんな映画でもそうなんだけど、しっかり楽しみ味わう為には、映画を観終わったあとの咀嚼が必要不可欠。
でもこれが疲れる。時間もかかる。
頭の中で1時間2時間と反芻して熟考する。
映画館で観た、シャフトの『打ち上げ花火...』なんかは帰ってきてから3時間はその内容の反芻しかしてなかったし。
君の名は。』もそういうことのしがいがありそうな作品なんだけど...

よく噛んで飲み込む!
これは体力のいることですなぁ.....

ところで本作、『言の葉の庭』のユキちゃん先生が出てますが、タカオも出てるそうです。ワンカットだけ。

https://twitter.com/shinkaimakoto/status/948556207312093184

ーーーーーーーーーーーーーーー
2018.01.04

Just Because(2017年)
監督:小林敦
シリーズ構成:鴨志田一
アニメ制作:PINE JAM

【視聴中メモ】
”Just Because”はテーマ自体ありふれたものっぽいけど、1話で出てきた登場人物たちの人間関係、今後の絡みがどうなっていくのか楽しみでならない。On your marks!
最後に表示されたコレを見て、心の中で拍手ですよ。いぃ〜ですねぇ〜〜〜
2話観た。1話で思ってたよりは関係が複雑?
泉は、夏目が好きだった。昔の話だ、とは言うけど...?
夏目はといえば、その視線は相馬に向く。けど、昔、泉と何かあった感じ?
相馬は森川ラヴと。しかし森川は恋愛事そのものにあまり興味を示していない...けど、水族館で1日過ごして、相馬への印象は良い。
どうなるかな〜カメラ子(小宮)とか、どうなんだろう。好きかもしれないんだけど私が。
キャラデザについて、泉。良い具合に、普通だね笑
現実にいそうだし、逆に現実のを2次に落とし込むとこんな感じかぁ。
3話観た。ストーキングカメラ娘ちゃん可愛いし、彼女と同じく写真部のヲタク2人良いね。しかもなんか、盗撮っぽいことしてるし笑。
なんかフォトカノを思い出すな。
"Just Because"という作品の性質上、劇中には出てこないがおそらく彼らは撮ってる。パンツ撮ってる。
居たよね。
”地上スレスレでスカートを狙うパンチラ突撃兵”とか。
”長身から胸元を狙う、驚異の胸チラ狙撃手”とか。
森川を見ていて、響けユーフォの中世古先輩が思い出された。ホクロの位置まで同じだよね。左目の泣きぼくろ。
7話観た。
はぁ、カメラ子ちゃんがかわゆいなぁ。かわゆいなぁ。と、いつも思っていたんですが、やはり、カメラ子ちゃんはかわゆいなぁ。
このままカメラ子ちゃんルートで行きましょう。
...とは行かないんでしょうね。でもそれじゃ予定調和がすぎるぜ。カメラ子ちゃんで行きましょう。
茶髪は不幸ヒロインでいいじゃないすか。ね。
8話観た。相変わらずカメラ子ちゃんが良すぎるかわゆしかわゆし。
送信ボタンを押す猫様はアダルトだね笑
もうカメラ子ちゃんを見るために観てるところあるよ。
電車の中でのファーストコンタクト、会長の目。
女の...戦いぃ....
9話観た。よぉし、そのまますれ違え〜
序盤の、ストーリーと(多分)関係しない、校庭で生徒がサッカーをしてるのを上から眺めているような視点からのカット。
アニメ自体はところどころ雑だな〜と思ってたけど、このカット凄く面白くないですか。
シュート打った人、その角度で直接行きますかぁ!って思いません?
シュートも球速速いし。ただコースは甘いね。まぁ120度くらい角度あって、ダイレクトだもんな〜。

壁紙、見られちゃったじゃぁ〜んwwwwww
た〜〜〜のしィーーーーーーー!!!!
会長を遠ざけることに一応の成功を見ました!!
バンザイ!バンザイ!
相馬を振った森川さん。そのまま進んだ大学で良い人見つけて稼げる男探せば良いよ。うんうん。
絶対良い人いるから人生決めないでねぇ〜〜

.....

で、最後はまぁ普通な感じに。終盤なんか上記のメモも途絶えたし。
そうですかぁ。まぁ、最後のほうは飽きてました。

ーーーーーーーーーーーーーーー
2018.01.06

DEVILMAN crybaby(2018年)
監督:湯浅政明
脚本:大河内一楼
アニメ制作:サイエンスSARU

「主人公が最終的に全部失敗する話。」

4時間以上あるんだよね。1話25分位で全10話なんで。
すらーっと行けたよ。

内容としては、テレビ放送は無理ですね、という。
とにかく過激。プロモーション映像の「トラウマ的衝撃。」というのは、なるほど頷けますね。
美樹の弟はデビルマンになった結果食欲を抑えきれず母親を食べる。泣きながら。アレ良いね。良いシーンだ。あむあむと食べる。
音楽は『聲の形』でも仕事した牛尾憲輔でした。

ーーーーーーーーーーーーーーー
2018.01.07

魔女の宅急便(1989年)
監督:宮崎駿
脚本:宮崎駿
アニメ制作:スタジオジブリ

・『宅急便? やめとけ、重労働だゾ。』
 「まぁ、自営だしな。本人次第でなんとでも。」

・有名な作品でありながら、ストーリーを欠片も覚えてなかった。幼少期に観たことはあるんだろうけど、おそらくそれっきりで、ほとんど初見に等しかった。

・『宮崎が監督を務めたスタジオジブリ長編映画としては初の、他者の原作による作品であり...』とwikiにある。
新海誠なんか、今のところ自身原作の映画だけだよね。どうなんでしょう彼は。他者原作で映画を作ることも今後あるのだろうか。

ーーーーーーーーーーーーーーー
2018.01.09

ポケットモンスター サン&ムーン(2016年〜)
総監督:湯山邦彦
監督:冨安大貴
シリーズ構成:松井亜弥
アニメ制作:OLM Team Kato

全部見終わったわけじゃないんですけどね。
何故なら、まだ続いているシリーズだから。
なら、何故ここに書くかというと、現時点でのNetflixで観られる最新、55話まで追いついたからである。
少ないですが【視聴中メモ↓】です。
・性の目覚め!
・戦闘狂サトシ
・懐かしのタケシ&カスミ
ロトムは愛せない。
ニャビーは愛してる。性的な意味でも。
・『バック・トゥ・ザ・フューチャー』と『ポケットモンスター サン&ムーン』から悪影響を受けると
「アロぉ~らぁァ! Anybody home????」
って言いながら、頭をノックし始めます。

ーーーーーーーーーーーーーーー
2018.02.03

沙耶の唄(2003年)※ゲーム

発売元:ニトロプラス
脚本:虚淵玄

http://belleband.hatenadiary.jp/entry/2018/02/03/215621

ーーーーーーーーーーーーーーー
2018.02.12

傷物語『II 熱血篇』(2016年)

総監督:新房昭之
監督:尾石達也
アニメ制作:シャフト

くそぉ、『I 鉄血篇』の放送中に3部作一気放送に気づき、録画は『II 熱血篇』『III 冷血篇』だけになってしまった。
と言っても、『III 冷血篇』以外は観たことあるけど。
ついでに言えば映画をⅠとⅡ観たあと原作読んだので内容知ってるけど。

最近デビルマン湯浅政明監督作品)を観たので、『II 熱血篇』を観ながら思い出したりしていた。
しょうがないでしょう、その構造が似てるもの。

やっぱり『II 熱血篇』はあれだね。
キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダー ブレードの身体的な成長(?)が大変よろしいね。

==

傷物語『III 冷血篇』(2017年)

総監督:新房昭之
監督:尾石達也
アニメ制作:シャフト


吸血鬼の成れの果て。美しき鬼の搾りかす。

その名も無き少女の美しさよ。

ぼくはろりこんなのかもしれなかった。

==

けいおん!(2009年)

監督:山田尚子
シリーズ構成:吉田玲子
アニメ制作:京都アニメーション

もうすぐ…10周年…なんですか…?

再放送があったので観た。
1期だけの放送だったけど。
いやぁ、可愛いね、みんな。
でも、唯ちゃんあたりってさ、愛玩動物的可愛さなんだよね。
僕はね、ムギちゃん。ムギちゃんにね、一方的に好かれて、僕の株を過半数買い取られたい。
僕の主要株主がムギちゃんになるわけね。
買われて、飼われたいのね。
というのはまぁ、ともかく、最近はムギちゃんが一番良いです。

それから、『たまこまーけっと』でもそうだけど時折見せる女の子の柔らかな動きがツボ。
作監堀口悠紀子によるところなのかな?
抱きしめたくなるね。
番外編、ライブ開始直前くらいのシーン、お客さんが集まる中で憂たちが唯と会うシーンがあったでしょう。
「大丈夫、いつものお姉ちゃんだ!」って言ってたでしょ、あそこらへんね。
そのへんのシーンで唯ちゃんがやはりその動きしてるんですよ、見ればわかると思いますけどね、あぁ、これねー!つって。

見せモンじゃねぇ雑記 〜さながら即興演奏〜

楽しめたモン勝ちの、勝ちってのをね、

勝敗の『勝ち』を意味すると考えてしまうとね、

楽しめなかったモン負け

って言葉も生まれてしまうけどね、

別に勝敗じゃなくてね、そういうのは。




言葉の綾っていうのかね、

例えば何らかの作品を受けて、

それに欠点があるように思えても飲み込んで、

特有の魅力に気付けるほうが、

それに感動できるほうが楽しいわなっていうね。




欠点に気付けたら、それをズバッと指摘できたら、

知的である

みたいな考えなんだろうけれども、

そんなもん、客観的に見てさ、将来的にさ、

いわゆる、『老害』一直線タイプなんだよね。

批判はね、作品の良い点を褒めるついでに付すくらいでお願いしたいねぇ。

大概、良い点を挙げないよね。そういう人間は。

気に入らないって感情が先にくるから魅力なんて見つける気すら無いんだな。

攻撃したいから、陥れたいから、って思いからでる言論で、誠実さなんてカケラも無いんだな。

未来永劫、あらゆる未成熟に悪態をつき続けることだろう、いかんゾ。

(↑『あらゆる未成熟に悪態』に関しては、
  国民性であるとも言えるくらい、
  少なくともここ日本においては、
  よく見られるものであって、
  老害がどうのってレベルの話でも、
  ないのかもしれなかった。)



まぁ、

矛盾の無い、スキのない構築美みたいなものをこそ求める人間には通用しないんだけどサ。

作品に求めるものも人それぞれ、ということですわな。



ところで、

ろくに頭を使わず、

音楽を聴きながら、

この文章を書いてたんだけれどもね。

良いね、このアルバム。

青い果実『AOKAJI』

AOKAJI

AOKAJI


嫌いじゃねぇーぞぉ。

コミックLO

昔、工業地帯の方に、一ヶ月もないんだけども、長期のね、インターンに行ったんだわ。


会社のほうで用意されたビジネスホテルに泊まってさ。


ほんでまぁ、下町って感じだったのよ。
からしたら知らない世界でね。


程よく寂れてて、
余所者は余所者らしくセンチな感じにもなれるような場所で居心地の良いものだった。


私はその日も晩飯を買いにセンチな顔して駅前の小売店へ入った。


すると気付いたのがね、本棚にコミックLOが置いてあったんですわな。


正直、私、現物を見るのは初めてだった。




大学生である。


エロなものをレジに持っていくことなど造作もないが、コミックLOとなれば持ち前の強心臓もビッシリと生えた毛が微かに揺れ、ささやかにくすぐったかった。


しょうがないのである。


エロはしょうがないのである。


男である以上、エロはしょうがない。


世の処女たちは許しちゃくれないが、大人になれば男に限らず、そういうもんだと諦めてくれる。


ロリとなると話は別になってくる。


ロリはしょうがなくないのである。


コミックLOを買おうもんなら、
あぁ、こいつは、
コミックLOを買うような人間なんだと、
そう思われるのである。


ロリはしょうがなくないのである。


エロはしょうがないが、ロリはしょうがなくないのである。


しょうがなくないのであるが、興味は高まるのである。


こういった語りをしていると、結末を予想されそうなものである。
買ったんだなと。












買わなかったのである。







買ってれば面白かったのに!






買って悪いことはないのである。


性の対象がロリに向くことが悪しき物とする今の考え方は特定の性的指向に対する差別だとか、
ロリはまだ成人でなく、
物事の適切な判断をできる能力を有していないこと、
また保護者の監督下にある以上独立性が無いことからロリと成人の間の性的関係は平等と言えるものでないとか、
そういう議論を経るまでもなく、
小売店がコミックLOを仕入れているのだからその場において私は買ってよいのである。


店員も、
コミックLOを買った私に対して、
なんら心を動かさず、
じゃがりこを買う人間に対するのと全く同様に、
態度はモチロン、
精神の奥底から全く同様であるべきである。


いや、


べきである、などと言うまでもなく、もしあの時買っていれば、

そのようにしてレジをこなして、

そのまま、二度と私のことを思い出す事はなかったろう。

あのとき、買うべきだったのだ。

もう、昔のことだが。

カードキャプターさくら クリアカード編

カードキャプターさくら クリアカード編
監督:浅香守生
シリーズ構成・脚本:大川七瀬
アニメ制作:マッドハウス

キャスト陣もそうだけど、監督、シリーズ構成も引き続き浅香守生大川七瀬
制作会社もマッドハウス

NetflixでこれまでのTVシリーズを全部観た甲斐があるってものよ。
いやぁ、楽しみだぁ。楽しみだぁ。

【第1話】

・アバン、いきなりの『ケロちゃんにおまかせ』!
こにゃにゃちわ〜、言うて。
スッピーが可愛い。カンペをバンバン叩くよ!

・スッピーのカンペバンバン耐久動画の需要ありますね....。

・OPの新たな伝説感。アニメがもうキレイでキレイで、NHK受信料の正しい使い方とは正に...。

・ローラースケートは卒業か?
今後活躍するのか?
非常に、非常に気になるところ。

・ほぇ〜、頂きました。

・『プラチナ』のアレンジをBGMに、桜の木の下で李小狼と再会。
「もう手紙とか電話で我慢しなくて良いの?」と嬉しそうに言うさくらちゃん。
そりゃ嬉しかろう。アニメ基準で言えば、17,8年ぶりということになろうか。私にとっては、過去のシリーズを観終わったのがほんの数ヶ月前だけれどね。あ、今になって映画作品をまだ観られていないことに後悔の念が...レンタルショップに置いてなかったんだもの...。

・「これからはずっと一緒だよ...!」
良い最終回だ...。

・「教えてね、全部」の後の知世ちゃん出現までの一連のアニメーションが好きだよ。

・しっかりカードキャプターさくらの世界でも技術革新が。スマホ。電話も本体を耳に近づけるんじゃなくて、イヤホンで。

木之本桃矢は雪兎の消失を防ぐべく、自身の力を託したので今は霊感が無い。(メモ)

・知世ちゃんの「カードキャプターさくら、再び大活躍ですわね〜」のセリフに対し食い気味に『知世ちゃん』と呼びかけるさくらちゃん。

・夢の中の鍵が何故か手に!夢だけどー!夢じゃなかったー!

・襲いかかる風を軽やかにかわすさくらちゃん。さすがにプロである。

・EDのアニメーションが半端ないと思うんですが。質もそう、可愛さもそう。
小狼とさくらちゃんの関係性が尊い
さくらちゃんの動きがイチイチこちらを殺しにかかる。
両手を交互につき出す動きで私は死ぬ。
そして、知世ちゃんに大人びたものを感じてハッとする。
個人的には、小狼とさくらちゃんがベンチに座ってるところを後ろからカメラで撮ってるところ。
の、
腕を伸ばして撮りに行ってるカットが好き。



くそぉ、カードキャプターさくら、尊さが限界値だっ...

【第2話】
『さくらと○○するまで出口のない部屋』

・【悲報】クリアカード商品化不可能

・さくらの力しか感じない....もう....
さくらしか見えない....

・『どうしてまた...友枝町でこんな事が起こるんだろう...』
※だいたいさくらが起点
それになにも友枝町でだけ不思議な事が起こってるわけでもないしな、さくらが知らないだけで。
例えば?
そりゃぁ、見滝原とか。(まどマギ
丸子町でもよく変なことが起こる。
それでも町は廻っている
京都じゃ天狗やたぬきや妖怪のたぐいがわんさか居るぞ。なんでも夜道に出会った人間の10人中2人は妖怪だという。
森見登美彦の諸作品)

・『部活』
【BGM】たららったったったったーらー
「まぁ、どのサークルに入ってもねぇ...同じようなもんです....ッフッフッフ」
『まぁね〜、アッハッハッハ
 ....これなんですか?』
「勇者部ですね、 お入りになりますか」
『いや、ま さ か アッハハハ』
四畳半神話大系
スネークマンショー
結城友奈は勇者である

・続 スネークマンショー

帰宅部リーくん『ごめんください』

いらっしゃいませ、どこか悪いんですか

帰宅部リーくん『頭が…痛いんですよ、どーも、ほぉ、昨日からねぇ』

あーなるほど、コチラどうでしょう
 ノーシン
 サリドン
 バファリン
 エキセドリン
 ブロバリン
等、揃えて、まぁ、どれをねぇお飲みになっても同じような、もんだと思いますが

帰宅部リーくん『じゃ、それください』

ハイ、コレですね、ハイ

帰宅部リーくん『これなんですか』

あ、それコンドームです。

帰宅部リーくん『あぁ〜そうですかぁ』

お使いになりますか?

帰宅部リーくん『ま さ か フ ッ ホ ハ ハ


コレクダサイ…』

コンドームですね、ハイ分かりました


メイリン! 生きとったんかワレェ!
アニオリのキャラだったメイリン。本作でも生きてます。

ブルガリアの祭りがどうのとホラ吹く口にオニギリ突っ込まれた彼がさり気なく『美味い』言うとるのオモロイ

・彼氏のゴールにガッツポーズのさくらちゃん。

・ケーキ作ってるときのケロちゃん可愛いね。

・ぬいぐるみのふりに無理がある。

・け、健康的で良いよね!(めっちゃ動く)

・ゴム...こんなところでさっきこの記事内で張られた伏線が回収されるなんて...。

・ゴムに穴あけちゃだめだよぉ!意味ないじゃん!

・そういえばこの、【第2話】のタイトルの意味するところって、やっぱり…

観たもの羅列日記 2017年12月

ーーーーーーーーーーーーーーー
2017.12.02

★Inland Empire(2006年)
監督・脚本:David Lynch
製作国:アメリカ
    ポーランド
    フランス

これが.....David Lynch.......!!
大変長い作品なので再度観る気にはならないが強く印象に残る。

ーーーーーーーーーーーーーーー
2017.12.03

★Back to the Future Part II(1989年)
 監 督 :Robert Zemeckis
 脚 本 :Robert Zemeckis
      Bob Gale
製 作 国:アメリカ
出演:
Michael J. Fox(Marty McFly
Christopher Lloyd(Dr. Emmett "Doc" L. Brown)

相変わらずのドタバダ具合であった。
それにしてもInland Empireを観た後だと、終わるまで短く感じる。179分と108分。
これくらいが良いよ...。3時間は長い....。

★★昭和元禄落語心中第1期(2016年)
  監 督  : 畠山守
シリーズ構成 : 熊谷純
 アニメ制作 :スタジオディーン

2周目。菊比古を観に、また山寺宏一演じる助六の落語を聞きに、戻ってきてしまうぜ。
やっぱり良い作品だよ。2期まで無事、しっかりやってくれて良かったとも思う。
★も2つ付すことにしよう。2週した上で、やはり何度でも面白く観ることができるだけの強度のある作品だと思うので。

ーーーーーーーーーーーーーーー
2017.12.07

バカとテストと召喚獣(2010年)
監督:大沼心
シリーズ構成:高山カツヒコ
アニメ制作:SILVER LINK.

1クール観れば終わりだと思いきや2期もある、OVAもある、って感じなんですね。
今回観終わったのは1期だけ。気軽に見始めたけど割りと話数あるのね。
OP、ED、本編各所で見られる演出から”ひだまりスケッチ”を思わせたけれども、この作風というのは大沼心のものということですね。
シャフトで観たな〜こんな感じの〜と思いながら観てました。
思い返すと何故完走できたのか分からないけど、まぁ完走できたということは、なにかしら、そうさせるだけのものはあるということですよね。

ーーーーーーーーーーーーーーー
2017.12.07

バカとテストと召喚獣 〜祭〜(2011年)
監督:大沼心
シリーズ構成:高山カツヒコ
アニメ制作:SILVER LINK.

なんだかんだで観てしまうバカテス。
OVA全2話観ましたよ。
大沼心演出のカラフルな感じ好きですよ。

ーーーーーーーーーーーーーーー
2017.12.09

バカとテストと召喚獣にっ!(2011年)
監督:大沼心
シリーズ構成:高山カツヒコ
アニメ制作:SILVER LINK.

http://belleband.hatenadiary.jp/entry/2017/12/09/025013

ーーーーーーーーーーーーーーー
2017.12.15

月がきれい(2017年)
監督:岸誠二
シリーズ構成:柿原優子
アニメ制作:feel.

http://belleband.hatenadiary.jp/entry/2017/12/13/204320

ーーーーーーーーーーーーーーー
2017.12.22

生徒会役員共(2010年)
監督:金澤洪充
シリーズ構成:中村誠
アニメ制作:GoHands

http://belleband.hatenadiary.jp/entry/2017/12/22/005123


★Back to the Future Part III(1990年)
 監 督 :Robert Zemeckis
 脚 本 :Robert Zemeckis
      Bob Gale
製 作 国:アメリカ
出演:
Michael J. Fox(Marty McFly
Christopher Lloyd(Dr. Emmett "Doc" L. Brown)

最高だよバック・トゥ・ザ・フューチャー...
タイムマシンなんか破壊してしまおうという方針だったけど、最後、ドクはまたド派手にタイムマシン造ってたね笑
ドクだって最初から答えを持ってるような人物じゃァない。
主人公を正しい方向に導くような大人でなく、マーティ マクフライと同様に、ドクもまた答えを持たぬ主人公だということだ。
最後には未来を変えることにポジティブになった。
決まった未来なんて無いんだから、保守的にならずに、より良い未来を目指して生きていこう!、と、
まぁ随分と考え方が振り切っていったけれども笑
マーティ マクフライも成長したね。お幸せに〜。

ーーーーーーーーーーーーーーー
2017.12.23

少女週末旅行(2017年)
監督:尾崎隆晴
シリーズ構成:筆安一幸
アニメ制作:WHITE FOX

【視聴中メモ】
・”少女週末旅行”はこれから何が起こるんだろう。
どう展開していくのか全く掴めないなぁ〜。
・2話で風呂シーンがあった。頭がぽわぁととろけるシーンとか可愛かったし、可愛いといえばOP映像が凄く良い。
・4話の後半の暗闇が晴れる瞬間。ニコニコのコメント、キマシライトとか、あの神の像をキマシタワーとしたり、私の思いもしない発想があるから面白いよね。
・最終話、Aパート終わり、動画を続々と再生したなら音声も重ねまくって雑踏っぽくすれば過去の人間界の情報過多っぷりの演出が効いた気が。
・『月に行こうよ!』
後の月人である。

ーーーーーーーーーーーーーーー
2017.12.24

生徒会役員共 番外編(全8話)(2010年)
監督:金澤洪充
シリーズ構成:中村誠
アニメ制作:GoHands

意外と話数があった番外編。
萩村スズのことは、けっこう、性的な目で見てるよ。


宝石の国(2017年)
監督:京極尚彦
シリーズ構成:大野敏哉
アニメ制作:オレンジ

http://belleband.hatenadiary.jp/entry/2017/12/24/141138

ーーーーーーーーーーーーーーー
2017.12.25

ちびまる子ちゃん わたしの好きな歌(1992年)
監督:須田裕美子
   芝山努
脚本:さくらももこ

・彼氏くんの物言いに、なんというか、時代を感じた部分もあったが。自分の事は棚上げか?という。
・なんでもするって言ったよね?
・これまでの運賃を考えれば480円くらい出せそうなものであるが。
大滝詠一、『1969年のドラッグ・レース』のアニメーションは湯浅政明による。感動モノである。
・EDでお姉さんの描いた作品の世界が動き出す。良い。
・買い物ブギにハマる。


キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series(2017年)
監督:田口智久
シリーズ構成:菅原雪絵
アニメ制作:Lerche

http://belleband.hatenadiary.jp/entry/2017/12/25/115911

ーーーーーーーーーーーーーーー
2017.12.26

ブレンド・S(2017年)
監督:益山亮司
シリーズ構成:雑破業
脚本:雑破業、森町やこ
アニメ制作:A-1 Pictures

例の男の娘の腹パン同人ください。


生徒会役員共* 第2期 (2014年)
監督:金澤洪充
シリーズ構成:金澤洪充
アニメ制作:GoHands

魚見、良いよね。というか斎藤千和良いよね。
あと、相変わらず萩村スズに関しては性的な目で見てるよ。


ーーーーーーーーーーーーーーー
2017.12.27

水曜どうでしょうClassic:ジャングル・リベンジ

楽しいよ『水曜どうでしょう
Netflixで配信が来たので一日でイッキ観。

ーーーーーーーーーーーーーーー
2017.12.28

水曜どうでしょうClassic:原付日本列島制覇

前に一度観たんだけどね。TV再放送で。
でも面白いよねぇ。最終回の最後に写る写真がまた良いよね。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
観たもの羅列日記 2017年11月
http://belleband.hatenadiary.jp/entry/2017/12/03/130516